合宿免許とトヨタ

Comments are closed

最近、合宿免許に参加してきたのですが、その合宿免許の教官が大のトヨタ好きだったのです。

トヨタは、1933年に豊田佐吉氏が創業した自動織機製作所が始まりで、その中の自動車部門がトヨタ自動車の始まりです。

自動織機製作所から独立して株式会社となったのは、1937年のことで、この時初代社長となったのは豊田佐吉氏の娘婿の豊田利三郎氏でした。

当時はトヨダと濁点がついていましたが、1936年からトヨタとなったため、自動車部門が独立した際も、トヨタが使用されました。

その後第二次世界大戦の時期を経て、クラウンやコロナといったロングセラーカーの開発や販売網の整備等により、国産自動車として徐々にその地位を高めていき、さらにセンチュリーやマークⅡ、カリーナ、タウンエース、カムリ、ソアラなど公害問題や排気ガス規制などに対応した自動車も販売しました。

トヨタ車が乗れる自動車教習所
合宿免許で思い出作り | NESRAC

Comments are closed.