補聴器 オープンタイプについて

Comments are closed

カタログなどでよくオープンタイプという補聴器があると思います。

これは、従来の補聴器では、耳を密閉状態にするほど音を大きくできる半面、高音域の共鳴が失われてしまいます。
また、耳をふさぐことにより、音がこもり自分の声が響いてしまうという問題点がありました。

オープンタイプでは、これらの問題を解消することができます。
今までは音が漏れるとハウリングを起こしていましたが、最近の技術の進歩でこのハウリングを抑える機能が内蔵されてきたことにあります。

またオープンタイプは耳穴型、耳かけ型があり外耳導レシーバータイプといってドーム部分にレシーバーが付いており、より音を鼓膜の近くで聞こえマイクとレシーバーが離れている為ハウリングをしにくい補聴器も販売されています。

Comments are closed.