6歳の窃盗と刑事事件弁護士

Comments are closed

お店で販売されている商品に対し、対価を支払わずに盗んだ場合、窃盗罪という刑事事件になるのですが、住宅などに侵入して物を盗んだ場合は、住宅侵入罪と窃盗罪の組み合わせで立件されることも多いです。

私も6歳の時、お店のお菓子を黙って持って行こうとしたら、母親に怒られた記憶がありますが、まだ犯罪だという正しい認識もない子供だったため、お店の人もゆるしてくれたようですが、店長が刑事事件として告訴することも出来ます。

ただ、6歳なので弁護士を見方につければ無罪となる可能性が大きいでしょうね。

子供だといえ、これも窃盗罪となります。

窃盗罪は日本で最も多い犯罪なのですが、刑事事件として取り扱われている4分の3が窃盗となっています。

弁護士に窃盗に関する警察の動きについて聞いたことがあるのですが、犯行を目撃していても、その犯行を続けさせることもあり、完全に言い逃れできない状況まで泳がせることもあるようです。

気づかれていないと思っているあなた!もうやめにしませんか。

弁護士依頼NAVI
http://www.omega-diary.com/

Comments are closed.