補聴器のハウリング

Comments are closed

補聴器を使用するにあたって、必ずといって問題になるのがピーというハウリングです。

よくカラオケのマイクなどでもピーという音が発生しますが、これと同じ原理で補聴器も音をマイクで拾いアンプで増幅した音を再びマイクで拾ってしまうとハウリングが発生します。

従って補聴器を手でさわりボリュームを最大にしてみればわかると思いますが、どんな高額な補聴器でもハウリングを起こすと思います。

ただ最近ではハウリングを抑制する機能が優れてきていますので、前のアナログタイプに比べると断然ハウリング抑えられるようになりました。

このハウリングを起こさない注意点はまず耳栓や耳穴型補聴器が耳の穴に隙間なくピッタリと収まっていることが重要です。

耳栓やオーダーメイドの耳穴型補聴器が耳の穴サイズに合ってなくズレたり、隙間などができているとハウリングが起きやすくなります。

耳栓には4種類程サイズがありますので、必ず自分の耳サイズに合った物を使用するようにしましょう。

またオーダーメイド補聴器は物を噛んだ時など隙間ができやすいことを想定して制作してもらうようにしましょう。

このようにオーダーメイド補聴器は耳型採取が重要になりますので、経験や知識が豊富な販売店で採取してもらうことをおすすめします。

Comments are closed.