薬剤師と売り手市場

Comments are closed

インターネットなどの求人情報を見ると、薬剤師の需要はとてもたかく、転職や求人を求める声は数多くあります。

そのため、薬剤師は売り手市場だと言われており、薬剤師側が就職先を選ぶ状況でもあります。

もちろん例外もあり、製薬会社の新薬開発などの仕事は大学院を出ていなければ中々なる事はできませんし、人気のある職種であるならば、倍率も高くなってきます。

しかし、医薬分業により、調剤薬局などが大量に増えた為に、深刻な薬剤師不足の薬局も存在するのです。

特に、立地条件などは重要であり、都心の方の薬局であれば人気も高いのですが、都心から離れるほどに人気がなくなっていく傾向もあります。

ですが、例え立地条件が悪くとも、しっかりとした理念をもって活動している薬局もありますので、薬剤師としてのやりがいを目指しているのであれば、表面的な部分しか見ないのではなく、広い視野で就職先を選ぶと良いかもしれません。

さらには、現在では売り手市場でありますが、薬剤師の需要が増える事によって、薬系大学も増えているので、薬剤師の増加に伴い、就職が厳しくなる事も考慮にいれると、待遇だけではなく、やりがいで就職先を選ぶ傾向も増えるかもしれません。

Comments are closed.